ネイティブのアドリブ会話がそのまま教材に!!
【 SSL3.0の脆弱性対応とお客様への影響について 】
English Aya Podとは
ネイティブ同士が楽しくおしゃべりしている完全なアドリブ会話を素材に、それを「100%聞き取れる」「真似して話せる」ようになるための豊富なコンテンツがぎっしりつまった教材です。iPodなどのMP3プレーヤーに入れて持ち歩き、どこでも手ぶらで学習できます。

iTunes Music Store Podcast総合ランキング第1位にも輝いた実力派リスニング教材

あなたの悩み解決します!
英会話お悩みその1ネイティブ同士の会話となると、とたんに聞き取れなくなる
ネイティブスピーカーのアドリブ会話がそのまま教材に
ネイティブスピーカーのアドリブ会話がそのまま教材になってるから、「本物の英語」が聞き取れるようになります

英会話お悩みその1机に向かってじっくり勉強する時間が取れない
音声ファイルだからiPodなどにいれて勉強できる
日本語訳も詳細解説も、全部音声(mp3ファイル)だから、iPodなどに入れて電車の中などどこでも手ぶらで学習できます

英会話お悩みその1新しい語彙やフレーズをなかなか覚えられない
語彙・フレーズ暗記用の教材もついています
語彙・フレーズ暗記用の音声教材もついているから、無理なく覚えて、実践会話で使えるようになります


英会話お悩みその1文を組み立てながら発話するのが苦手
頭から数語ずつ区切って発話練習してスピーキングも上達
文の頭から数語ずつ区切って発話練習をする「プロダクショントレーニング」音声でスピーキングも上達します


英会話お悩みその1とにかく長続きしない
たのしく学習できるから途中で投げ出したくなりません
無理なく、楽しい会話を聞きながら学習できて、しかも効果も実感できるから、途中で投げ出したくなりません



主な学習コンテンツ

受験英語用の教科書で学んできた私たち日本人は「英会話」が苦手。英会話上達には、英会話から学ぶのが一番!ネイティブの自然な会話に訳や解説が付いているだけではなく、リスニング・スピーキングを鍛えるトレーニングもできる充実の教材です。

ネイティブの自然な英会話を収録した教材特長1:自然な会話が教材

English Aya Podでは、ネイティブ2人が自然におしゃべりしている会話を教材に使います。おしゃべりの内容は、映画の話題や恋愛、最近の時事や社会現象、面白い体験談や友達のことなど、ネイティブの人と雑談をするときに話題に上るトピックばかり。この「雑談力」は、実は英語を使う誰にとっても大切な英語力です。ネイティブの自然な会話には、私たちが真似してすぐ使える表現が沢山!そして教科書では習わなかった、口語ならではのルールもいっぱいです。ラジオのような軽快な会話で、飽きずに楽しく「英語雑談力」を磨いてください。

特長2:英語→日本語で読み上げ(スラッシュ和訳)



英語のリスニングには、文の頭から語順に意味を理解する力が必要です。学校で習ったような、文の最後から順に和訳していくというのは問題外ですね。私たち日本人が英語を聞くときには、次のようなステップを踏みます。

1.聞こえてくる英文を細かい意味ごとのブロックに分けて順番に飲み込む
2.それらのブロックを頭の中ですばやく意味がとおるように組み立てなおす

会話を「英語→日本語」の順で読み上げるスラッシュ和訳を聞くうちに、この2つの工程に必要な力がしっかり養われます。

英会話上達のための様々なコンテンツが含まれています特長3:かゆい所に手が届く解説



教科書英語はわかるけど、ネイティブ同士のおしゃべりとなるとほとんどついていけないという方も多いのではないでしょうか?それは単にスピードが速いというだけではなく、私たちが習ったことのない表現や文法が沢山使われているからなんです。English Aya Podの会話教材はシナリオのないアドリブの会話なので、もちろんそのような表現や文法が沢山。その一つひとつについて、Ayaが丁寧に音声で解説していきます。

特長4:フレーズ暗記用の音声教材(唱メモ)



私たちが普段話すときの日本語を考えてみてください。時に語句を入れ替えながら、お決まりのフレーズを使いまわしていることに気づくと思います。「と言うよりかは・・・」「本当に信じられないんだけどさぁ、・・・」「・・・って実際どうなの?」などなど。これらのパターンを多く使いこなせるほど表現の幅が広がります。英語も全く同じです。文の出だしのお決まりフレーズ、文の頭や中間や最後に独立して挿入できるフレーズやイディオム表現など、覚えて会話に使えるフレーズを音のかたまりで覚えるのがこの「唱メモ」です。唱えて覚える(メモライズ)するから「唱メモ」。九九を音で覚えて一生忘れないのと同じように、英語のフレーズも音で覚えて反射的に使えるようになります。

特長5:日本語→英語で読み上げ(プロダクショントレーニング)

特長3の「スラッシュ和訳」の逆バージョンで、さらに間に回答するためのポーズが入ったものです。まず日本語が流れるので、続くポーズの間にその日本語を英訳して声に出してみます。ポーズのあとに正解の英語が流れるのでそれを聞いて確認します。一見難しそうですが、ここまでの学習をしっかりこなしていればさほど難しくはありません。自分の力で英文を組み立てて、それと同時に口に出すプロダクショントレーニングは、繰り返すほどに英語のスピーキング力が驚くほど身につきます

English AyaPodのお申込みはこちらから